これだけは知っておきたい治療院の判断基準

こんばんは。きんじょう鍼灸院の金城です。

最近は歯医者さんやコンビニと並んで、いたるところに治療院が並んでおり、通いたいけど、どこへ行っていいかわからないという声をよく耳にします。

鍼灸院、整骨院、整体院、指圧院、マッサージ院、カイロプラクティック

など、似たようなところが非常に多いです。

正直なところ外観だけみてどこがいいとかは判断は難しいところではありますが、

いい治療院の見分け方として、私が一番に重要視して欲しいところは、いかに初回のカウンセリングを丁寧におこなってくれるかですね。

お客様、患者様に問診で主訴や細かな情報を聞き出し、それに対しての運動検査、動作の確認、をしっかり行ってくれるかが重要です。一見当たり前のことかもしれませんが、案外ちゃんと行わず、治療に入るところが多いんです。

ひどいところだと、腰が痛いと受診してみたら問診や検査もろくに行わず、「まずは電気治療からしましょうか」と誘導するところもあります。これはやってはいけない行為ですよね。腰痛でも様々な症状が考えられるわけですから、電気をすることで悪化する場合も考えられないこともないので、いきなりカウンセリングを行わず電気治療へ誘導するところは危険です。

次に重視するのが、治療後の対応です。これも当たり前のことですが、治療前後の状態の確認です。確認をしないと状態がどう変化してるかわかりませんしね。

また、次回の来院日や来院回数、今後の治療の目標設定もきちっと伝えてくるかも大事です。

急性期の場合だと続けてきたほうがいいかもしれませんが、よくあるのが「来れるときは毎日でも来てください。」と、特に理由もなくそういう術者は警戒したほうがいいです。そういう術者は大抵が売上第一でお客さまのことをあんまり考えていない人が多いです。

 あとは、問題点を指摘し「日常生活で気をつけること、セルフケア」の指導をきちっと行ってくれるかです。

これも案外してくれないところは多いですね。やはりその場で良くなってもまた、日常に戻ってしまうと同じ生活を繰り返すとせっかく良くなった体もまたもとに戻ったりする可能性が高いわけですから、そこを指導するかしないかは大きな違いとなってきます。

以上となりますが、上記のことをまとめてみますと、

①初回のカウンセリング

②治療後の状態確認

③今後の治療の目標設定

④日常生活の指導

いい治療院というよりもまともな治療院の見分け方になってしまいましたが、是非とも治療院選びの参考にしてみてください(^^)

それぐらいまともじゃない治療院も多いというわけですね(^^;;

line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

fumihito

沖縄県出身 大阪府で出張専門の治療院を運営しています。 日々身体観察に取り組み自力で様々な不調を改善してきました。 そういった経験を踏まえ様々な角度から身体不調改善、身体機能向上のお手伝いをしております。